医者の看護を受けている人

子どもが発症

車椅子の女性

乳幼児を含めて子供達も腸閉塞に罹るケースは少なくありません。大人に比べて、痛みや苦痛に慣れていない為、腹痛等もダメージが大きい為、僅かでも可能性を感じたら、早急に病院に連れて行きましょう。 また、大人のように何かしらの原因より後天的に発症する事も多いのですが、先天的に胃や十二指腸等が異常な事態に陥っており、閉塞したケースもあります。 そして何らかの原因を取り除く為に手術を行う必要が出てきます。 先天性の症状の場合は、腸管そのものに異常な状態が起こっている場合、例えば、生まれつき腸が狭かったり、形が歪んでいる事があります。あるいは、形状等が正常であっても、腸等の機能自体に異常がある症状もあり、妊娠中に担当医から伝えられる事もあります。

子供の場合は、腸閉塞以外でも吐いたりするので中々病気を特定するのは難しいのですが、嘔吐と一緒に腹痛やお腹が張っているか、排泄の有無等、細かく様子をみるようにしましょう。とくにお腹がずっと張っている時は、腸閉塞であると疑い、早急に病院で診てもらうべきです。 さら出生後半年位から2歳位は、発症する可能性が高く、ミルクを飲み始めて、壊死性腸炎と呼ばれる疾患が原因で腸閉塞が症じる事もあり、免疫機能も弱い年頃ですから、細菌が腸内で増え続けて、細胞を死滅させて、腸の一部の機能を妨げる為に、腸閉塞に結びつきます。 小さな子供達は、大人よりも免疫力が低く病気への抵抗力も弱い為に、ちょっとした異常であっても深刻な状況に陥りやすいので出来るだけ早い段階で医師に診てもらう事が大切です。