医者の看護を受けている人

予防をする方法

手術準備の麻酔

腸閉塞とは、腸の中に便や消化しきれていない食べ物が詰まり、それによって便やガスが先に進むことができなくなる病気です。便やガスを肛門から出したくても出せないため、それが逆流して嘔吐したり、お腹が痛んだり、時には意識を失ったりもします。 腸閉塞の予防には、腸を詰まらせないようにすることが大事です。そのため日頃から硬い食品や消化しにくい食品を控え、柔らかい食品を食べるようにすることで、予防が可能になります。また、乳酸菌のサプリメントを飲んで腸内環境を整え、腸のぜん動運動を活発にすることも、非常に有効です。 腸の形が原因で腸閉塞になりやすく、何度も繰り返すという人もいますが、上記の工夫を続けることで予防できるようになります。

乳酸菌のサプリメントを飲むと、腸内の悪玉菌を減らすことができます。悪玉菌は、腸の働きを悪くすることで、便の排出を阻害しますし、食べた物を腐敗させ、ガスを多く発生させます。そのため悪玉菌が増えれば増えるほど、腸閉塞になりやすくなりますし、なった後にはガスが溜まって苦しみが大きくなります。しかし乳酸菌のサプリメントを飲めば、悪玉菌が減っていきますし、便を積極的に排出させる善玉菌が増えていきます。そのため腸閉塞の予防にも症状の緩和にも有効なサプリメントなのです。 乳酸菌のサプリメントには多くの種類があるのですが、たいていは1ヶ月分が千円前後で販売されています。中には、乳酸菌が生きたまま腸に届くというサプリメントもあり、この場合1ヶ月分で2千円ほどしますが、その分効果が出やすいです。